トップレベルドメイン

 

WordPressサイトを構築するなら

独自ドメインの取得から始めよう。

 

HisaHisa

こんにちは。Hisaです。

 

ドメインは簡単に言えばサイトの住所だよって

以前の記事でお伝えしました。

(以前の記事はコチラ)

 

世界中からあなたのWEBサイト(ブログ)を見つけるには

URL】(ホームページアドレス)が有れば

間違いなくたどり着きます。

 

WordPressを使ったWEBサイト(ブログ)を

構築する上で必ず必要になります。

 

分かりやすく説明するために「住所」としましたが

本当に住所を表すのが【URL】(Uniform Resource Locator)。

 

難しいことはさておき、URLはよく目にする

http://www.yahoo.co.jp/  (Yahoo!Japan)

こういうアルファベットの並んだものです。

 

実はこの他に【IPアドレス】というものが有るのですが

WEBサイトの構築には気にする必要がないので

ここでは割愛させていただきます。

 

URLに含まれているのが【ドメイン名】なのです。

 

このドメイン名を取得する事で

サーバーを変更などサイトの引っ越しなどでも

同じドメインで引越し先へも訪問することが出来ます。

 

つまりWordPressを使って作るWEBサイト(ブログ)の

ドメインはずっと同じものが使えて

あなたの資産となります。

 

資産となるドメインですから

基本を知っておきましょう。

 

 

ドメイン名って

 

URLの中には沢山のアルファベットが並んでいます。

 

それぞれに意味があるのですが

うんちく話は嫌いなのでドメイン以外は簡単に(笑)。

 

URLの中での構成は下の図のようになっています。

ドメイン構成

 

ドメインの構成2

 

名称などは気にせず、その意味だけは

簡単に覚えておけば良いでしょう。

 

もしあなたが日本国東京都中央区新宿1-1だとすれば

あなたの住所を探すのには

日本の東京都の中央区の新宿1-1となりますよね。

 

ドメインについても同じで

https://yahoo.co.jp なら

jp(日本の).co(組織で)yahoo(ヤフーという名称)

と段階を経て探すことになります。

 

ではそれぞれの意味をお伝えします。

 

プロトコル

 

「プロトコル」とは

この用語を使った時にはこれを実行しましょう

といったルール(プログラム)です。

 

http  や https は

インターネット上からブラウザ間で送受信する

意味のレールで、ネットを閲覧するための記号です。

 

細かなことは気にせずに、

必要なものだと認識しておけば良いですね。

 

http と https の違いはセキュリティーの事で

通信を暗号化しているかどうかの違いで

https が暗号化されています。

 

ホスト名

 

ホスト名とは

インターネットに接続されたホスト(サーバーや機械装置)の

名前のことですが、特定のホストを選択するために使います。

 

ですが、必要がなければ省略することも出来るので

今の時点では存在だけ知っておけば良いですね。

 

WordPress(ワードプレス)サイトの設定の中でも

表示するかしないかを設定出来ます。

 

ちなみに【www】はWorld Wide Webの略です。

 

ドメイン

 

通常ドメインと呼ばれているのは

トップレベルドメイン+セカンドレベルドメイン

+サードレベルドメインの並び全部を

まとめて使われることが多いです。

 

★トップレベルドメインとは

お気づきかも知れませんが

国別のコードが指定されています。

 

★セカンドレベルドメインとは

組織やその種類の分別に使われていますが

用途、国別のものや取得に制限のあるものまで有ります。

 

ちなみに yahoo.co.jp  は

「日本のヤフーという組織」という意味になります。

 

一般的には .net  .com など見慣れたものが多いですが

続々と新しいセカンドレベルドメインが生まれているので

500種類はあると思います。

 

★サードレベルドメインとは

トップ、セカンドレベルドメインに所属する中での

名称やサービスを表す部分となります。

 

この部分に関しては、他に同じものが無い限り

登録者(あなた)が自由に設定することが出来ます。

 

また日本ではアルファベットのドメインと

日本語の両方の設定が可能になっています。

 

当サイトは日本語ドメインを使っていて

https://50代の副業.net (トップページ)

となっています。

 

ただし、日本語は世界中で使えるわけではないので

日本語は専用のコードに変換されて表示されることもあります。

 

この専用コードをピュニコードと言いますが、

当サイトをピュニコード表示すると

https://xn--50-1b4aw96k0ydbz5b.net/

となります。

 

まとめると

ドメインはWEBサイトの住所的なものであって

階層的な作りとなっており

その階層を一番から順にたどって行くことで

あなたのサイトを訪問することが出来る仕組みです。

 

 

ドメインの検索と取得上の注意点

 

トップレベルドメイン

 

あなたがドメインを取得する際に

気をつけるべきポイントがあります。

 

私達の場合のドメイン利用目的は、

副業ネットビジネスのアフィリエイト用の

サイト構築を目的としていまよね。

 

それを意識してドメインを考えて下さい。

 

「格好良い」「目立つ」などを優先するのではなく、

構築するサイト(ブログ)への訪問者が分かりやすい

ドメインにすることが大切です。

 

・構築するサイト(ブログ)の内容が分かるドメイン

・覚えやすいドメイン

この2つを意識して考えてみましょう。

 

そしていくつかの候補が出来ましたら

重複しているドメインの有無を調べてみましょう。

 

調べやすいサイトとしてお薦めなのが

お名前.com 

https://www.onamae.com/

です。

 

調べ方はとても簡単です。

 

上のリンク(下の画像もリンクさせています)から

トップページへ訪問しましょう。

 

トップページの赤い部分にあるドメインの検索窓に

希望の文字列を入力(日本語も可能)して

セカンドレベルドメインを指定なしを選択して検索ボタンをクリックします。

 

お名前.comトップページ

 

今回テスト用に「hisadomein」と入れてみました。

 

結果は下の画像の通りです。

 

ドメイン検索の結果

欲しいドメインで適切なセカンドレベルドメインのものが有れば

チェックボックスにチェックを入れて指示通りに進めば

所得することが出来ます。

 

金額も表示されています。

 

ただし、あまり見た事のないセカンドレベルドメインは

使わないほうが良いでしょうね。

 

WEBサイトのイメージにも影響がありますので

出来れば誰もが見たことの有る

.com  .net  が望ましいです。

 

どうしてもない場合は

.website  .site  などはWEBサイトを連想しやすいので

使っても良いと思います。

 

セカンドレベルドメインについては

SEO的には関係がないと言われていますので

ご心配はいりません。

 

またレンタルサーバーサービスで

レンタルサーバーと同時に取得できる場合もあります。

 

そのサーバーについては

次回の記事でお伝えします。

 

 

当サイトでは

【無料でWEBライティングが学べるメール講座】を

開講しています。

 

いつでも参加出来て、あなたのペースで学べ

特典やプレゼントがもらえる上に、

いつでも退会をすることが出来ます。

 

完全無料なのですが、サポートも充実させるために

参加人数は50名までと限定させていただきます。

 

段々と残り人数も少なくなっていますので

参加ご希望の方はお急ぎ下さい。

 

詳細と参加申込は記事下のリンクや各バナーをクリックして下さい。

無料WEBライティングメール講座の詳細と申込み