あなたも私もパブロフの犬なのかも?

 

あなたも私もパブロフの犬なのか?

 

 

パブロフの犬

 

50代の方、シニア世代の方なら【パブロフの犬】を

ご存知の方が多いと思います。

 

念のために【パブロフの犬】とは条件反射(反射行動)の

代表的に有名な実験の事です。

 

簡単には

練習や訓練や経験などによって

後天的に植え付けられた反射行動を起こす事です

 

例えば「梅干しを見るとツバが出る」がそうです。

 

心理学では条件反応とも言われます。

 

パブロフの犬実験
パブロフの犬実験

 

 

 

人もパソコンも同じ

 

あなたが持っているパソコンやスマホ、

タブレットなどはプログラムで動いているのは

知っていますよね。

 

ソフトやアプリケーションと言われるものです。

 

実は人間にもプログラムがあり

特定の入力に対して決まったプログラムが作動し

行動しているのです。

 

これは誰かがあなたの脳に打ち込んだのではなく

あなた自身が無意識に作ったプログラムなのです。

 

NLPではこれを変えたり、修正してビジネスでの成功に

繋がるように進むようにしてゆく手法があります。

 

よく言うマインドセット的なものですが

もっと科学的で実証済みなのでご安心を。

 

 

若干の意味合いの違いはありますが

【パブロフの犬】同様に人にも或る特定の入力に対し

何度でも同じことを繰り返し行なう行動や

思考があります。

 

 

これをNLPではプログラムを言います。

 

 

 

 

人間のプログラム

 

NLPとは前記事でもお伝えしましたが

N (ニューロ 神経=五感)

L (リンギスティック 言語)

P (プログラミング)

を指します。

 

NLPとは

 

 

 

例えば『カレーライスを食べる』と言う経験では

・カレーの味(味覚)

・カレーの独特な匂い(臭覚)

・カレーの湯気が上がっている見た目(視覚)

・カレーの口当たりや温かさ(体感覚)

と言った五感(N)とカレーという言葉(L)が

重なり合ってあなたの中のカレーというものを

構成しています。

 

 

時間管理に厳しい親が子供を育たたとします。

 

待ち合わせ、通学、出勤時間などに遅れると

その度に親から叱られて(体感)いたら当然ですが

子供は時間を守ると言う価値観が出来るはずです。

 

時間を守る価値観が出来てしまえば

待ち合わせでも電車にのる際にでも

少し早めに行く、余裕を持って行動を起こすでしょう。

 

でもそれは生まれ持ったものではなく

叱られた(N 体感)と叱るコトバ(L 言語)が

繰り返しされた事によって出来た

後天的なプログラムなのです。

 

他にも沢山思い浮かびませんか?

 

蛇が嫌い(実際には噛まれたこともない)

動物恐怖症(犬に噛まれた経験がある)

ピーマンが苦手(幼い頃に苦い思いをした)

など・・・

 

人は生まれた時点では【無】の状態で生まれて

その後の経験や体験と言葉により意識的、無意識的に

沢山のプログラムを作って備えていくものです。

 

そのプログラム次第で行動や反応が変わりますが

果たしてそれは客観的に見てみれば、

あなたの副業やビジネス、人生の成功にとって

全てが良いのでしょうか?

 

 

では何故?意識的にしろ無意識にしろ

そういうプログラムを作るのでしょう。

 

それはあなた自身の安全と安心を守るためなので

あなたにとっては「痛み」となります。

 

動物の生存本能とも言えます。

 

逆にあなたにとっての快楽(心地よいこと)は

「快」追い求めるのです。

 

 

 

犬に噛まれた → 痛い → 危険 → 嫌い

 

ピーマンを食べた → とても苦い →

口の中が苦くてたまらない → 次は食べない

 

カレーを食べた → 美味しい →また食べたい

 

猫を触った → 懐いてきた → かわいい

 

カレー

 

 

 

生存本能とは「少しも長く生きていたい」本能で

人(動物)は「安全、安心で危険を避け、快楽を求める」

プログラムを実行するようになっています。

 

 

 

ところが副業で稼ぐ為、ビジネスの成功のために

やるべき行動を「面倒」「しんどい」「疲れる」

「眠い」「だるい」となって行わず、

趣味や興味のあることは無理をしても

やり遂げようとします。

 

これは成果を出すためには

修正すべき事です。

 

成功の法則とは目標を設定し、必要な行動を

必要なだけ行動し、修正しながら諦めずに

進む事で成功を手にするのです。

 

あなたの副業やビジネスにとっての

「痛み」を「快」に変えることによって

成果(成功)に結びつけるために

NLP(神経言語プログラミング)をお伝えします。

 

 

先ずは下にある無料のノウハウは手に入れておきましょう。