行動するためには「考える」と「悩む」の違いを知る

ポジティブシンキング

 

中高年やシニア世代の初心者アフィリエイターが

行動できない要因の一つとして「悩む」事が

大きなファクターとなっています。

 

悩む】事によって頭がフリーズして

行動や作業が出来なくなるのです。

 

この【悩む】を【考える】に変えてゆくことは

稼ぐためのマインドセットの一端としても重要な事です。

 

 

 

【悩む】と【考える】の違い

 

教材やセミナーで勉強したにもかかわらず、

作業できない人の特徴として【悩む】があります。

 

悩む

 

 

御本人はきっと【考えている】と思っているのですが

実は【悩んでいる】場合が殆どです。

 

【悩む】と【考える】は基本的には同じように思えます。

なぜならば両方ともに問題に対して解決を模索しているから。

 

でも決定的な違いがあります。

 

【考える】は論理的に結論が出るように様々な角度から

思考、検証することを言います。

 

【悩む】は解決を図りながらも結論に達する論理的な事もなく

不安や疑問ばかりが頭の中を占めてしまうことです。

 

一見同じように思えますが、数秒後には既に方向性が

全く違っていることになります。

 

 

【悩む】事は非常に簡単です。

・ネガティブな方向に考える

・堂々巡りを繰り返す

・教材やセミナーで学んだことを信じない

・出来ない(やらない)理由を探す

・やるべき作業や行動を決められない

 

 

例えば

Aと言う占い師にみてもらったが悪いことを言われれば

Bの占い師の所に行き、またみてもらう。

 

ところが

Bの占い師は良いことも言うが悪いことも指摘した為に

不安になりCの占い師にもみてもらう。

 

で、結局はA、B、Cの3人の占い師の

誰もが半信半疑な上に自分勝手な解釈をして

自分の向かう方向性が分からないので行動できない。

 

こんな話を聞いたことはありませんか?

 

 

 

では、行動や作業を起こす為の【悩む】を【考える】に

変えるためにはどうすれば良いのか分かりますか?

 

 

 

 

【考える】から作業(行動)するへ

 

ポジティブシンキング

 

 

私が【考える】為に行ったことがこれです。

・ポジティブな方向に考える

・非常に小さいことでも良いので結論を出す

・結果を出す為の方法をいくつも考えてみる

・教材やセミナーで学んだことを信じて継続してゆく

 

 

これを意図的に実践して、小さな結論が出たら

直ちに作業(行動)を進めてゆくようにしました。

 

 

 

作業を行うことで何らかの結果が生まれますので

その結果が良いのならドンドン進めてゆけば良いですし、

悪ければ方向性やノウハウを見直すようにすれば良いのです。

 

 

これで物販アフィリエイトで2ヶ月の作業を行い

70万円以上の売上を上げることが出来ました。

 

 

 

どちらにしてもやはり作業(行動)しなければ

結果は生まれません。

 

 

【悩む】のではなく【考える】ようにして

行動(作業)を起こし、実践してゆくのが

アフィリエイトで実績を上げるために必要です。