シニア世代の情報疑心暗鬼

疑心暗鬼

 

 

シニア世代の成功出来ない人の理由の一つとして

疑心暗鬼が邪魔をしているが有ります。

 

 

★ 疑心暗鬼

 

疑心暗鬼「ぎしんあんき」とは

疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、

疑わしく感じることのたとえ。

疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれるたとえ。

疑いの心をもっていると、いもしない暗闇くらやみ

亡霊が目に浮かんでくる意から。

(引用 goo辞典より  https://dictionary.goo.ne.jp/

 

疑心暗鬼

 

まさにそうなんでしょうね。

 

 

ネット上にある情報に関して、

興味がある事を見つけたとしても

中高年、シニア世代はとにかく疑ってかかります。

 

 

私の知人(59歳)などは

「ネットなんか信用できるか?」

「物買うときは現物を見てきめるんじゃ!」

と毎度豪語しています。

 

 

それは間違いの無い事なのかも知れませんが、

ネットの情報の全てがウソやデタラメと言うのは

大きな間違いですし、損をする考え方ですね。

 

 

では何故そうなるのでしょうか?

 

 

簡単に言うといかの感じでしょうか。

◆ マスコミがネット詐欺などを騒ぎ立てすぎるから?

◆ 本人が積極的に情報収集しない(閉鎖的思考)?

◆ スマホ、タブレット、PCが分からない(分かろうとしない)

 

 

やはり1番大きな問題は

本人が情報収集をしない事による弊害だと思います。

 

 

シニア世代に限らずですが、

何か行動を起こす場合や、案を練る時などは

躊躇から始まる方が多いですね。

 

 

でもその躊躇の原因は情報不足であり、

他力本願的な考え方が有ると思います。

 

 

 

例えば増改築の必要が有るとしたら

あなたは何を始めますか?

 

 

私なら先ずはネットで必要な事柄を探って

安心できそうな施工会社を探したり、

プランニングや見積もりが出来る建築士さんや

工務店を探したりするでしょう。

 

 

つまり、リサーチする事(情報収集)によって

必要な事や検討すべき事が少なからず

理解出来るようになってきます。

 

夫婦でPC

 

 

そうする事によって、あなたの疑心暗鬼を

少しでも取り除く事が出来ます。

 

 

「本当なのかな?」

「大丈夫かな?」

そう思ったらリサーチしてみましょう。

 

 

しかも素早く決断して行動を起こす事で

損を無くす事が大切です。

 

 

リサーチ→決断→行動→結果→修正→成果

この順序が成功への道順です。

 

 

「石橋を叩いで渡る」のは悪い事ではないですが

「石橋を叩いて、叩きすぎて壊す」となるのは避けましょう。