理想の自画像を描く

step

 

シニア世代でも、若者でも副業アフィリエイトでは

「理想の自画像」を描き、そうなりたいと思うことで

モチベーションの低下を防ぐことが出来ると言われています。

 

ところが時折、「理想の自画像」を思い描いても

度々モチベーションが下がってしまう人も多いと思います。

 

今回はあくまでも私個人的な考えであり、

学術的な事が当てはまっているのかは分かりませんが

「理想の自画像」についてお伝えします。

 

 

海賊王に俺はなる

 

ワンピース
TaniaVdB / Pixabay

 

いきなりですが、こう言って頑張ってライバルと戦うアニメがありますが

主人公の「理想の自画像」が「海賊王になる」事で成立しています。

 

先ずは何かを達成(成就)したい場合には

必ず自分がどうなりたいかを思い描くことから

始めてゆきます。

 

明確な「理想の自画像」を描くことが出来ないと

何をどうしたら良いのか、何に励めばよいのかが

分からず、モチベーション(やる気)が低下します。

 

理想という事で間違われるのですが【どうなりたいか】と言うのは

将来の理想像的なことではなく、リアルに自分に添って

低いステージの段階で想像できる事を理想として下さい。

 

取り敢えずは想像できる範囲内という事です。

 

いきなり月収10000万円の生活を

リアルに想像できますか?という事です。

 

あくまでも明確な理想をあげて下さい。

 

例えば

「食べたい食事をいつでも食べに行けるようになりたい」

「稼いで、女性からモテてみたい」

「嫌いな上司より稼いで、おごってやってみたい」

等のリアルに想像が出来る方がより意欲が出ると思います。

 

「海賊王に俺はなる」という目標は別に悪くはないのですが

当初からの目標という点では雲の上的な存在を目指すので

意思の強さ次第ですが、挫折してしまう可能性も高くなります。

 

 

理想はステージで変わって良い

 

「理想は最後まで同じ事を」という方がいますが

ワタシ的にはその必要はないと思っています。

 

年収が300万円の頃には」

「副業して、もっと稼いで生活を楽にしたい!」

って思っていましたし、

年収が800万円になってからは

「同じ境遇にいる人達に稼げる事を伝えてあげたい!」

と思うようになりました。

 

つまり、立ち位置が変われば当然ですが

理想や目標は変わってゆくのが当たり前だと思いますし、

見えてくるものが違ってきますので当然です。

 

その時の自分のステージによって

「理想の自画像」を書き換えてゆくことで

モチベーションを維持してゆくことが出来るのです。

 

step

 

 

「理想の自画像」を貫くことは悪いことではありませんし、

カッコイイのかも知れませんが、モチベーションが低下するなら

少し先のある程度の想像ができる範囲の「理想の自画像」を

描くことで、やるべき事も分かるはずです。

 

リアルに想像できる「理想の自画像」を描き、

先ずはそれに向かって行動する事が大切であるので

「理想の自画像」をどんどん書き換えて進んでいきましょう。