ビジネスマナーを守る事は最低条件

 

 

 

ブログ3位

 

 

 

最近は50代の方やシニア世代の方でも

ビジネスマナーを守れない人が多いと言われます。

 

 

特にリアルよりもネットビジネスの方が

案外厳しいって知っていますか?

 

これって意外に知らない方が多いので

せめてあなたは注意して下さいね。

 

大きな損をしますよ。

 

 

★ ネットビジネスだから必要です

 

ビジネスマナー

 

 

 

ネットであれ、リアルであれ、ビジネスである以上は

最低限は守らねばならないルールやマナーがあります。

 

 

これは実際にネット起業家さん等との交流が無いと

ピンとは来ないかも知れませんが、

ネット上だからこそ起業家さんは細心の注意をされています。

 

 

もちろん、相手に対しても同様にビジネスマナーを

厳守している事を希望されます。

 

 

これはリアルでお会いする事が少ないネットビジネスでは

お互いに顔を合わせて会話するという機会が少ないので

お相手のお顔や行動から言葉の本音や冗談などが区別を難い事も

原因の一つとして考えられます。

 

 

先ずは誤解を生まないようにする事と

相手に対して失礼の無いようにする事が必須事項となりますね。

 

 

 

 

★ 最低限必須のマナー

 

守って欲しい最低限のビジネスマナーを挙げてみます。

 

◆ メール

  •  ご挨拶と自己紹介
  •  丁寧な言葉を使う
  •  ビジネスなので絵文字等は控える
  •  文末に必ず連絡先を記載する

 

 

◎ご相談やご質問をいただいた時に、返信先が無い場合があります。

 

届いたメールにそのまま返信する事も出来ますが、

専用フォームなどからのご質問では返信出来ない場合があります。

ご注意下さい。

 

 

◎返信後に何も返答が無い場合も多いです。

 

ご相談やご質問に対して返信させていただくのですが、

返信後に解決出来たのかが分かりません。

これは回答をした人に対して失礼だと思いませんか?

 

解決出来なければ更に質問するとか、解決法を尋ねるとか、

解決出来れば、たった1行でも御礼を送るなどで

あなたに対する信用度は断然アップしますし、

今後、また別の事などを聞きたい時に相手の対応は

歴然と変わってきますよ。

 

 

 

◆ その他

 

ビジネスとしてのやり取りをするのですから

友人とのやり取りのような、馴れ馴れしい文章や

絵文字をたくさん使う事もよくありません。

 

 

何らかの依頼などの場合は、たとえ相手が断ってきても

必ず返信に対する御礼を送るべきです。

 

 

逆に、何らかの依頼をしておいて

既読スルー的な対応はビジネスとしても

大人としてもマナーの欠如としか思われません。

 

 

 

★ 繋がりを大切に

 

握手

 

 

 

相手の顔も見えない(分からない)場合もある

ネット上のやり取りですが、それ故にマナー一つで

お相手の機嫌を悪くさせたりする事に注意しましょう。

 

 

たった1通のメールですら

そこからビジネスチャンスが生まれる事も

将来に成功をもたらす事もある事を意識しましょう。

 

 

現に私自身もネットビジネスを始めた当初に

全く知らない人のブログを読み、質問を送った事が有ります。

 

 

その方は丁寧にご返答をして下さり、

大変助かりましたので、お礼の返信もさせていただきました。

 

 

その後のやり取りはほぼ無かったのですが、そこから約半年後に

参加したセミナーの講師がなんとそのブログの管理者の方で、

終了後にその時のお礼にご挨拶させていただいたのがきっかけで

今もお付き合いさせていただいていますし、

数十万円のジョイントビジネスもさせていただきました。

 

 

たった1通のメールから始まったお付き合いですが、

同じネットビジネスの業界でいる以上は

こういう繋がりになる事もありますし、

意外とこういう事例は多く耳にします。

 

 

ネットビジネスだからこそ守るべきマナーやルールを

きちっと守る事がとても大切な事ですし、

それによってあなたが損をしないようにして下さいね。

 

 

ネットビジネスもあなたの相手は人なのです。