タグとキーワードとカテゴリーの違い

 

ブログ作成において「タグ」と「キーワード」が

分かり難いとシニアの方からご質問をいただきました。

 

 

 

「タグ」と「キーワード」

 

 

「タグ」「キーワード」さらに「カテゴリー」の

違いを簡単に説明してゆきます。

これはSEO的にも重要な事になっています。

 

 

 

超簡単に説明します

シニア世代でなくても副業アフィリエイトサイトの

作成では分かり難い言葉ではありますよね。

 

 

 

「キーワード」

検索する時に使う言葉

検索のために必要な言葉

2015-02-02_162824
ワードプレスの場合はこうなっています

検索エンジンに載せたい言葉

 

 

「タグ」

タグは日本語で札(フダ)の事

記事の文章内でポイントとなる言葉

ブログに関連する言葉

 

 

「カテゴリー」

記事を分類するする時の題目

分野分け

 

 

こんな感じになります。

「キーワード」は分かり易いと思います。

 

 

これを使って説明すると

「キーワード」を含んだ記事に「タグ」を付けて

記事を「カテゴリー」別に分類する

と言う事になります。

 

 

特別にそれぞれが違うと言う事では無く

使い方の違いです。

 

 

特に「タグ」に関しては

読者さんがブログ内で関連した記事を探す場合に

非常に有効な方法として用いられます。

 

 

「タグ」はこのサイトでも私自身もそうですが

ついつい沢山の言葉を入れたくなります。

そうすると読者さんが分かり難くなります。

 

 

一般に言われているのは

「タグ」は3~6個位までで十分。

出来るだけまとめた方が良いそうです。

 

 

「カテゴリー」に関しても

細かく分類するよりも

大きな項目としていくつかに分け、

その中で少し分類してみると分かりやすくなります。

 

 

 

最近では検索エンジンの巡回ボットは

「タグ」を読まなくなっているとも

言われています。

 

 

特にスパム扱いでは無いようですが

「タグ」を入れない方も増えているようですが

当サイトでは読者さんの為に今まで通りに

「タグ」は入れてゆこうと思います。

 

 

 

SEO的にはやはり「キーワード」が重要です。

以前は「タグ」も重要視されていましたが

現時点では「無駄では無い」程度としか言えません。

Googleから「正解はこれです!」って

発表はありませんから。

 

 

⇒ 今回の事で分からない事はありませんか?

⇒ 心配や不安は無いでしょうか?

お気軽にご連絡下さいね。

お名前はニックネーム(ハンドルネーム)でもOKです。

メールアドレスはいつもお使いのアドレスでお願いします。

 

返信が「迷惑メール」に入る場合もありますので

48時間経っても届かない場合は「迷惑メール」内も確認して下さい。

基本的には24時間以内を目指しています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名
[質問、相談]

メッセージ本文

入力確認後にチェックを入れてから「送信」をクリックして下さい

 

迷惑メールの解除方法はこちら

 迷惑メール解除方法

 

出来ればFacebookやtwitterなどSNSも記事下に

ボタンが有りますので応援して下さいね。