物販アフィリエイトの記事タイトルの付け方②キャッチコピー

言葉の力

 

中高年やシニア世代の物販アフィリエイト記事の

タイトルの付け方としての【キャッチコピー】を

考えて欲しい。

 

 

キャッチコピーと言うと難しく考える人もいるが

詠んで時のごとく、見た人の心を掴む言葉で

幾つかのパターンに類別することも出来る。

 

「思わず商品を買いたくなるようなキャッチコピーなんて

そうそう出来るもんじゃない」と思っているだろうが

作るだけではなく、盗む、真似ることが出来るので

安心して欲しいし、幾つかの例もご紹介する。

 

 

 

キャッチコピーは街中にある

 

難しく考える前に、通勤中や移動中に少し注意して

広告(コマーシャル、看板類)を探して見て欲しい。

 

普段は気にしなかった広告って注意して探すと

街中に沢山あることに気づくと思う。

 

街中の看板、道路横のネオンサインや

駅構内の売店の新聞や電車の中吊り広告・・・

 

中吊り広告

 

 

全部ではないが、多くの場合はキャッチコピーが

書かれているはず。

 

気になったキャッチコピーや、思わず「上手い言い方だな!」って

思ったキャッチコピーはメモに書いておくか、写真を撮って

あなたのキャッチコピーとして使えるように保存しておくと便利だ。

 

 

 

意味を知れば作れる

 

キャッチコピーの意味は先述した「お客様の心掴む言葉」だが

その意味を知れば意外と簡単に作ることが出来るようになる。

 

「お客様の心掴む言葉」=お客様が知りたい事に関する解答

 

つまり、

● 商品を買うことで達成できる事

楽になる、綺麗になる、手間が減る、便利になる、時間が削減できる等

● 人気や評価、評判、口コミ

~ランキング1位、販売数1位、販売数数千万個!、高校生に大人気、

人気の〇〇さん(芸能人等)絶賛、有名女優△△さんご愛用等

 使い心地や感性が満たされる事

スッキリ、さっぱり、つるつる、しっとり、サラサラ等

● 希少性、限定性

限定〇〇個、在庫限り、残り5個のみ、再入荷ありません等

こんな感じだと思うが、単語である必要は全く無いので

幾つか組み合わせて作ることもできる(あくまでも簡潔通い)

 

 

意味が分かれば次に作る時にやって欲しい事は

① 販売元(先)ページをチェックする

② 商品をイメージする

③ 商品が必要そうなお客様をイメージする

④ お客様が購入するための一番の価値を考える

⑤ 今が買うタイミングだとイメージする

①~⑤終了後にお客様の心を掴む為に

本当に価値を 的確に、効果的に伝えられる表現を

何度も繰り返し作る練習をして欲しい。

 

ただし、あまりにも過剰な煽り(あおり)や作り事ではなく

真実の言葉をあなたの心を込めて且つ少し大胆に作ってみよう。

 

 

 

例えば比較してどちらが良いだろうか?

・スイーツなら

「行列ができるお店の日曜のみ80個だけ製造販売の極秘スイーツ」

「日曜だけ80個販売品」

 

・女性用ブーツなら

「フカフカのファー付きで寒冷地でも足元ポッカポカです」

「ファー付きブーツ」

・炊飯器なら

「古米でも炊きあがりのつややさかさと甘い匂いが食欲をそそります」

「最新プログラムの炊飯器」

 

 

 

そこに有る事実だけではなく、

お客様にイメージさせるキャッチコピーを作る

 

言葉の力

 

 

 

キャッチコピーの種類

 

こ身近で見たり、聞いたりしたことが有るキャッチコピーが

これなんだと分かるはずなので、幾つかだけ例をあげてみる。

 

◆ 特徴を伝える

・新鮮さ、新しさ「最前線の〇〇」「一歩先の〇〇」「〇〇が出来ました」

・品質の高さ「一流の〇〇」「〇〇で贅沢な時間を」「極上の〇〇」

・希少性、限定「〇〇でしか手に入らない」「緊急特売の」「在庫限り」

・利便性、気軽さ「〇〇するだけ」「たった1分で」「〇〇上手に」「楽々」

・信頼性、安心感「〇〇でおなじみ」「〇〇さん御用達」「選ばれ続けて」

 

◆ お客様に気づきを伝える

・呼びかける「〇〇に思い当たりませんか」「〇〇して納得」「〇〇と感じたら」

・気づき 「まさか〇〇を知らない?」「超使える〇〇」「えっ使ったことないの」

等など様々な使えるキャッチコピーになる言葉があるので探してみてメモしておくと便利。

 

他にも沢山あるが取り敢えず思い付いただけ少し並べてみた。

・願望を刺激するフレーズ 「〇〇に変身させる」

・知的欲求を刺激するフレーズ 「〇〇の裏情報」

・流行を意識させるフレーズ 「〇〇に殺到する」

・こだわりを表現するフレーズ 「〇〇ならではの」

・リアル、臨場感を表現するフレーズ 「〇〇の大半が選択した」

・お買い得感を演出するフレーズ「〇〇なのにこの価格」

・行動をかりたてるフレーズ 「〇〇すると分かります」

 

商品の魅力をキャッチコピーで伝えられるようにする事が大切。

 

 

まとめ

 

◆ お客様の心を掴むのがキャッチコピーの役目

◆ リアルや真実だけでなく、あなたの言葉で

◆ 使えるキャッチコピーは街中にある

◆ 使えるキャッチコピーはメモする

 

まさに言葉の力を感じるのがキャッチコピーであり

お客様に商品の魅力を感じて貰うフレーズを探して欲しい。