結果を出すためのインプット(学び)方法

羽生 ノート

 

中高年が副業ネットビジネス手法を

インプットする場合の効果的な学び方について

基本的な事をお伝えします。

 

もっとも効果的だと言われていますが

この方法は昔から多くの方がやっている

インプット(学び)では当たり前のことです。

 

私自身もこの方法でインプット(学び)しましたが

意図的にそうした理由ではなくて

今の若者のようにタブレットやノートPCでは

タイピングが追いつかないからでした(笑)。

 

もうお分かりでしょう。

ノートに書く」という事です。

 

ノートに書く

 

 

 

ノートに書くメリット

 

多くの方が筆記をせずにタブレットやPCを使い

セミナーやビジネス塾でメモを取っているデジタル時代に

逆行するような話ではありますが、やはり効果的なのは

アナログですが「ノートに書く」事だとよく感じます。

 

では何故この時代にそうなのか?

 

ノートに書く」「ノートに書き出す」インプット方法の

メリットは幾つもあります。

 

★ 気づき

「ノートに書く」こと自体が反復になり

見直すことも出来るので気づきのきっかけになります。

 

★ モヤモヤが解消する

セミナーなどで短時間にあれこれと学んでも

必ず抜け落ちる箇所があったり、腑に落ちない事が

後で見返すと理解できたりします。

 

★ 書き取ること=新しいストレージ(記憶装置)

インプットする全ての事を覚えておくことは

正直、不可能ですが、ノートをあなたの記憶装置の

新しいストレージとしてノートが記憶してくれるので

頭のストレスが軽減します。

 

★ 整理できる

人はノートに書き取る際に必ず自分が分かりよいように

整理して書き取ろうとします。

余計な文字を書きたくない心理かもしれませんね。

 

★ 五感で学ぶ、覚える

インプット内容を手を動かして書く、

声を出して読む、読んだ声を聞く、

書いた文字を目で見るという事で

俗に言う体で覚える事ができます。

 

 

 

 

ノート筆記は成功者の常識

 

ノートに書く」事って実は成功者や

実績の有る方に結構多くの実践者がいます。

 

有名人では

フィギュアスケートの羽生選手

サッカーの本田選手や中村俊輔選手

元プロテニスの杉山愛選手

東国原英夫さん、大前研一さん、ゴッホ、

ピカソ、ダ・ビンチ・・・などなど。

 

羽生 ノート
羽生選手のスケートノート

 

これは確かかどうか未確認ですが、

ノートに書くこと自体が「引き寄せの法則」だと

書かれた書籍も多数出版されています。

 

「引き寄せの法則」とは

幸運やお金、人脈などメリット大きい事を

呼び寄せる法則らしいです。(不勉強ですみません)

 

 

ともかく、

インプット(セミナー、塾、勉強会、読書など)で

ノートに書く」ことはとても有効な方法だと

私自身も感じていますし、間違いないですね。

 

あなたもインプットの時には是非とも

「ノートに書く」を実践して下さい。

 

 

このレポートはノート要らずで大切なことが学べます!↓↓

第2弾も完成、配布開始しました。先ずは第1弾からお受取り下さい。